トランジット・マネージャー(トラマネ)は、交通系ICカードを活用した交通費精算サービスです。

transit manager

毎日つかうIC乗車券で
かんたん交通費精算

サービス内容

トランジット・マネージャー(トラマネ)は、交通系ICカードを業務用スマートフォンや専用端末などにかざすだけで、経費精算用の交通系ICカード利用データを読み込むことができるJR東日本グループが提供する公式のビジネスソリューションです。
交通費精算の業務軽減や管理業務を行う部門の業務負荷軽減が期待できます。

1 1

交通系ICカードで
電車・バスなどを利用

1.交通系ICカードで電車・バスなどを利用
2 2

社内の読み取り端末や業務用PC・スマートフォンに交通系ICカードをタッチ

2.社内の読み取り端末や業務用PC・スマートフォンに交通系ICカードをタッチ
3 3

クラウドサービスで
データ処理

3.クラウドサービスでデータ処理
4 4

交通費精算用画面・申請伝票の提供
(企業内の交通費精算システムに取り込み)

交通費精算用画面・申請伝票の提供(企業内の交通費精算システムに取り込み)
1.交通系ICカードで電車・バスなどを利用 2.社内の読み取り端末や業務用PC・スマートフォンに交通系ICカードをタッチ 3.クラウドサービスでデータ処理 4.交通費精算用画面・申請伝票の提供(企業内の交通費精算システムに取り込み)

読み込みデバイス:業務用スマートフォン(NFC付Android)/PaSoRi(パソリ)を接続したパソコン/専用端末
精算システム側:ASPによる提供のほか、既存の業務システムへの組み込みなどにも対応が可能です。

交通費精算のお悩み解決へ

社員の手間を短縮

一般的に月間15~60分程度費やしている

月末にスケジュールを見ながら外出先を思い出して、会社の交通費精算シートに記載しなければならない。

利用している交通系ICカードを、カードリーダーにかざすだけ。
交通系ICカードのデータを読み込み、規定の交通費精算シートを出力することができます。読み込んだ履歴は、「業務/業務外」のフラグチェックで分けることも可能です。

経理担当者の手間を短縮

一般的に月間30~60分程度費やしている

経路検索や二重請求チェックなどに時間も手間もかかりすぎる。

社員の移動実績そのままだから安心。
二重請求や不正申請も防げます。駅情報がJR東日本グループが提供する正規のデータを使っているので、不明データなども発生しません。

※交通費精算を行っている企業へのヒアリング結果より

transit managerアプリケーション動作環境

■Windowsアプリ

・対応OS: Windows 7、8.1、10
・端末の空き容量:100MB以上
・CPU : 指定なし
・メモリ: 指定なし
※対応OSバージョン以外での動作につきましては、サポートの対象外となります。
※対応OSであっても、すべての端末での正常動作を保証するものではございません。

■Androidアプリ

・対応OS : Android OS 4.4以上
・端末の空き容量: 100MB以上
・CPU : 指定なし
・メモリ: 指定なし
・その他 NFC機能、おサイフケータイ®のいずれかの機能が搭載されていること
※対応OSバージョン以外での動作につきましては、サポートの対象外となります。
※対応OSであっても、すべての端末での正常動作を保証するものではございません。